【電気を操るいたずらオバケ】ロトム擬人化

・基本データ
名前:ロラン・タトリン/Loran Tatlin
性別:男
年齢:4歳
職業:-
身長:81cm
体重:11kg
性格:むじゃきで明るい性格。イタズラが大好き。ちょっぴり泣き虫な所もある。
一人称:ボク
出身:冥府・反転世界

服装と特徴
ゴーストの世界からやってきたいたずらビリビリオバケ。
「ぬいぐるみ」のようなまあるい帽子をかぶる。
モチモチッとしたお肌の持ち主で、ほっぺたがすごくやわらかい。
前髪がクルンと跳ねている。青いリボンと黄色い服。ぽってりとした靴を履いている。
背中にプラズマでできた羽根があり、自由自在に空を飛ぶことができる。

趣味メカ:いじりとイタズラ♪それから、チェリムをからかうこと!
苦手なこと:おなかが減るとつらいよう……。
好きな食べ物:ヨウカンとハチミツ!ボクお菓子だーいすき♪
嫌いな食べ物:なんでも食べれるよう♪
将来の夢:クスクス!まだ教えない。


一家のムードメーカー
ランクルス家で暮らしている元気なオバケの少年
わずか4歳と一家の中でもかなり幼い。
その幼さゆえに「知らない事」や「分からない事」が多く、
しょっちゅう周りのポケモンに教えてもらったり、フォローしてもらったりしている。

一方で幼子ゆえに純粋無垢な心を持ち、どんな相手も畏れずまっすぐ接していく事ができる。
相手とすぐに打ち解け、"友好関係"を結ぶ不思議な力の持ち主でもある。

◀一家の仲間たちと次なる旅について話すロトム。
彼の発言がきっかけで"新たな物語"がはじまる事も多い。
(アルマーレ編1話)









電脳を統べるもの
ロトムは体を"電気"に変え、機械の中へと入り込む力を持つ。
それによって、プログラムを書き換えたり、機械を中から操る事ができる。
バトルでは「ほうでん」や「シャドーボール」が使えたりと、
戦闘能力も高く、その力は並のゴーストポケモンを超え、「幻のポケモン」の域に達する。

◀どんな機械もロトムにとっては玩具と一緒である。
(アルマーレ編1話)










天敵!?エーフィ
プニプニでモチモチした触り心地のロトム。
世界にはそんなロトムのほっぺたをひっぱるチャンスを狙うこわ~いポケモンもいる・・・
それはエーフィだ!

実際ロトムは、エーフィと遭遇すると「ほっぺた」をムギュ~とされる事が多く、
さんざんな目に遭っている。

◀エーフィたちにすっかり苦手意識を持ってしまった
ロトム・・・。愛情表現もひどいと逆効果だ。
(アルマーレ編7話)









昔は「つらい事」もあったけど・・・
ジラーチやチェリムやツタージャやランクルスやメラルバやピチュー・・・
それにビクティニやマナフィやイーブイやケーシィたち・・・
みんなと出逢えて、友達になることができて、ボク今はとっても幸せ♪


いつか世界中のポケモンと仲良くなって、
みんなでいっしょに、「家族」みたいに暮らせたらいいなあ!
それがボクの『しょうらいのユメ』。

さいごまで読んでくれてありがとう♪
クスクス!

お礼に、イーブイの脱ぎたてホヤホヤの「超くさ~い上ばき」おいていくね!!
















関連記事:
《ジラーチ擬人化》

コメント

このブログの人気の投稿

【願い星の子】ジラーチ擬人化