【擬人化】砂漠の陽ざしの中、畑仕事をするサンド


砂漠に住む農家の少年
昼間の平均気温が約40℃という「サラサ砂漠」に住むサンド(タマラ君)
焼けつくような猛烈な日差しの中、
額の汗をふきふき、小さな身体でせっせと畑を耕しています。

その体はすっかり土埃まみれ・・・
暑さに慣れていても、やっぱり"畑仕事"は大変なようです。

なお・・・
砂漠には盗賊ならず者が多く、
サンド君はそのど真ん中にポツンと建つ家に一人で暮らしているのだが、
不思議な事に「一度も襲われた事が無い」のだとか。


砂漠に棲む「追いはぎサボネアA(文無し)」のコメント:
いくらワレワレが"ならず者"でも、
子供が一人で住んでいる民家を襲うなどというマネはしないぞ!
悪党といえども「ポリシー」があるのダ!!

襲うのはアコギな行商人とアホな旅人のみ・・・

この前も、いかにもマヌケそうな面をした黄色い電気ネズミから
食料とカネをたんまり奪ってやったな!
フヒヒヒ!!






関連記事:
《砂漠の国に住むボールづくりの少年 ビブラーバ》

コメント

このブログの人気の投稿

【願い星の子】ジラーチ擬人化