【擬人化】ホテルにお泊りするジラーチとメラルバ

『ここはボクにまかせて!』

ランクルスとツタージャがビジネスのため、フォルトナ王国の首都へ出かけている間、
最寄りの街のホテルで待機する事になった一家の年少児たち。

右も左も分からない幼子ばかりの中、
テキパキとチェックイン作業も難なくこなすメラルバ(エルマ君)。
父親・ウルガモスと一緒に何度も旅行してきただけあり、手慣れた様子です。
"大黒柱の二人"がいない今、みんなの保護者になるのはこの子なだけに責任は重大ですね。

おやおや・・・?
そんな彼の姿を見て、自分も何か手伝おうとしているのでしょうか
カウンターに乗り出そうとするジラーチ(キアロ君)。でも身体が小っちゃくて届きません!

そのもどかしげな様子を見て、メラルバ君はくすりと微笑んだ後、
「ここはボクに任せて、ロトムと遊んでいっておいで。」とジラーチ君を思いやります。

まだ7歳にも関わらず、きちんと気配りでき、
すっかり「頼れるお兄ちゃん」が板についてきたメラルバ君でした。


◀ジラーチとロトムを遊びに行かせ、
一人面倒な作業をこなす。年長者の鑑。
◆ホテルのフロント係「キマワリさん」のコメント:
きゃー!お昼過ぎぐらいに、
小さな子供が二人だけでやってきてきゃわわーでしたわ!
星みたいな子は、じーっとこちらを見つめてくるし
白くてもふもふした子は、子供なのにしっかりしていて偉かったですわ!

そうそう!その子の「半ズボン」からのぞく足が、
ちっちゃくてプニプニしていて、とーってもカワイかったんですのよ~♪



ホテルの部屋
(そういえば・・・
あのフロント係のお姉さん・・・
ボクの事やたらとジロジロ見てきたけど、何だったんだろう?)
ただいまメラルバ!
ロトム、ジラーチ!お帰りなさい!
今日はどんな事したの?
クスクス!
あのね、ミツハニーの森でね、わるいやつをぶっ飛ばしたよ!
あとミツハニーとも友達になったよ!
うん。
一時は靴を盗まれかけたけど、とても楽しい一日だった。
ふーん、それは良かったね。
ホーント!
あま~いハチミツをご馳走してもらっちゃったし♪
メラルバも一緒に来たらよかったのに!
仕方ないさ
ぼくたちの代わりに、色々やってくれてたんだから。
大した事はしてないよ
チェックイン作業をこなしただけさ。
その後は、
お部屋で静かに本を読んでいたよ。
ねえねえ!
「ちぇっくいん」って、何をするの?
フロント係のお姉さんに「宿泊人数」を申告して、
用紙にみんなの名前と住所を書いて、おカネを払うんだよ。
Σじ、住所~!?
島々から始まるあの長い文字列か・・・
メラルバ・・・きみはあれを暗記してるというの?
してるよ。
ていうか、
年長者のボクが住所を言えなかったら
いざという時、みんなを路頭に迷わせちゃうじゃないか・・・
メラルバってスゴイよなあ♪
色んな事できるし・・・ボクよりたった3つ年上なのにさぁ!
うん。その上、とても物知りだ。
じつに頼りになるよ
ははっ!
大した事ないよ・・・昔、パパと暮らしていた頃
世界中を旅行してたおかげだし。
世界中を旅行!?
うん!
パパと本当に色んな所に行ったよ。
豪華客船や、寝台列車や、飛行船や、宇宙船にも乗りまくったよ。
う、うらやましいよう・・・!
そんな顔しないでよ。
この先、みんなでいくらでも行けるじゃない。
ボクたち・・・
もう「家族」なんだからさ!




家族想いのメラルバ君・・・

父・ウルガモスから受け取った知識や愛情を胸に、「弟たち」と新しい日々を送るのでした。





PS:
2019/2/7
記事をリニューアルしました。



関連記事:
《メラルバ擬人化》
《ジラーチ擬人化》
《ロトムとジラーチのお昼寝タイム!ミツハニーの森の『ヒミツ』》

コメント

このブログの人気の投稿

【仲良し進化姉弟】イーブイ&シャワーズ擬人化