ニャオニクス姉弟 カプ・テテフを求める旅《序章》


『イメージBGM』





ニャオニクス姉弟 カプ・テテフを求める旅

《序章》 マシェード叔母さんの手紙

アルバイトから戻ったボクと姉さんは
倒れるように、宿屋のベッドに仰向けに横たわった。

「はぁ……もう一歩も動けませんわ」
「ボクも……」

それもそのはず……
朝から晩まで、ずっと街でビラ配りと新聞配達をしていたからさ。

お駄賃もたくさん頂戴したけど、
一日中駆け回ったおかげで、ボクも姉さんも足がタコだらけ。
くたくたで、ほとほと疲れちゃった。
靴を脱いだボクと姉さんの足の裏から、何とも言えない香ばしい匂いが漂う。

ボクはたまらなくなって涙が出た。
もっと魔法が使えたら、こんなに苦しい思いをしなくてすむのにね。

姉さんは涙が止まらないボクの手を握り、ボクの顔を見て微笑んでくれた。
ボクも姉さんの手をぎゅっと握り返した。

「おやすみ、姉さん……」


ボクたちは「ふたごのニャオニクス」。
姉のマリーベルと、弟のボク……シルバニアの姉弟(きょうだい)さ。

ボクと姉さんはあるポケモンを見つけるために、
二人でずっと旅をしているのさ。

そのポケモンとは……
伝説といわれる幻の存在「カプ・テテフ」。



始まりは半年前、叔母さんからの「贈り物」がきっかけだった。

ロータという美しい湖畔の国で、
ボクと姉さんの二人は「魔法使い」のマシェード叔母さんと暮らしていたんだけど
その叔母さんが急に亡くなって、いくつか遺品が手渡された。

それは……ボクたちの「両親」について知るための
数少ない手がかりを記すものだった。

そう、ボクと姉さんには親がいない

叔母さんが言うには、二人はボクたちが生まれてすぐ
どこかへ「旅立った」んだってさ。
だからボクも姉さんも、親についてはほとんど何も知らない。

ただ一つ分かっている事と言ったら
二人とも、古くから続くボクたち「魔法使いの一族」の中において、
過去に類を見ないほど傑出した、特別な才能の持ち主だったらしい事ぐらい。

そんな二人と比べるとマシェード叔母さんは
何でもない、普通の魔法使いだったらしいけどさ
ボクと姉さんに魔法を教えてくれたのも……あの人だったんだ。

「魔法はポケモンの生活を楽しくて、豊かにするためのもの。
決して争いごとの道具じゃない。ワザと一緒よ。」

というのが叔母さんの考えであり、口癖だった。

ボクと姉さんはそれ故に、あまり強くてキケンな魔法は教えられず、
今のところ使えるのだって火を点けたりや、
水を滴らしたり、カギを開けるといった簡単なものばかり。

それでもボクと姉さんは、
優しいマシェード叔母さんが大好きだった。

半年前に病気で亡くなると、ボクと姉さんの手には「三つのもの」が遺された。

一つは叔母さんが住んでた家
それから一枚の写真と、一通の手紙

写真にうつってたのは……若りし頃のマシェード叔母さんと
ボクたちにそっくりな二人の子供の姿だった。

ボクと姉さんは直感的にそれが、幼いころの親であると分かった。

手紙の方にはこう書かれていた

「親の行方が知りたければ、魔法の道を究めろ。
そのために……カプ・テテフというポケモンを求めよ。」

叔母さんがなぜ、最後にこの2つを遺してくれたのかは分からない
だけどボクと姉さんはそこに
何か強い「メッセージ」のようなものを感じ取ったんだ。

親愛なる叔母さんがボクたちに伝えたかったコト

それを知るためにボクと姉さんは、
手紙に書かれた「カプ・テテフ」というポケモンを探す事に決めた。

だけどそれは……
思ったほど楽な道のりじゃなかった。

その日からボクと姉さんの、長くて過酷な旅が始まったんだ。




《上》

コメント

このブログの人気の投稿

【願い星の子】ジラーチ擬人化